9月号
最近TVドラマをきっかけに「エコーズ」という日本の伝説的ロック楽団が再認識されている。その「エコーズ」でドラムを叩いていた男、今川ツトム。彼も王様と同じく、王道ロック(特にレッド・ツェッペリン)を愛してやまない。そして、今川ツトムと王様は運命的に出会った(なんちって)! 1994年12月、王様が初めて直訳ロックライヴを開催した際、彼がドラムを叩いてくれたのである。ズッコシ大地に根をおろした堅実なドラムプレイ! しかし、95年、大動脈破裂という大病が彼を襲った。彼は生死の境をさまよったが、奇跡的に回復! 後遺症の為、思い通りに体は動かせないが、渾身のドラムプレイを続けている。現在の今川ツトムの演奏は、バンド「Doo Doo Doo」のファーストCD『FLY』(9/14発売、BC RECORDS)で聴くことができる。伝説のドラマー、魂のプレイを聴いてみて下され〜い!

<問合せ>TEL: 03-5704-1866 /BC RECORDSまで




●「今月の一筆」TOP●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・