11月号
しみじみと20世紀が終わるのだなぁ、と感慨無量の今日この頃。と言うのも、王様は10月に大きな別れを2つ経験したからであります。最初の別れは、15年過した「四畳半」との別れ。築40年のアパートも老朽化が進み、さらに(有)オフィス王様の本社を移転&登記する為に別れを決意いたしました。そして、2つ目の別れは、心の準備も出来ぬままに訪れた「父王様」との別れ。病院の勧めもあって臨んだ「癌細胞摘出手術」でしたが、笑顔の父王様に会うことは2度と叶いませんでした。9月初旬に手術を受け、10月5日午前6時半、80歳にて永眠。実家では父王様の育てていた美しい草花が寂しそうに主人の帰宅を迎えていました。息子の我がままを静かに見守り、音楽の道へ進ませてくれた偉大な父王様。9月、最後の会話で「私の時代は終わった。自分で考えて歩いてゆきなさい」と語った父王様の言葉が忘れられない。



●「今月の一筆」TOP●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・